ページ

2014年7月21日月曜日

この祝日の意味を考えよう

雲一つない快晴の本日、そう今日はご存知「海の日」

海の日っていう祝日っておかしくない?って疑問をお持ちの方は決して僕だけではないはず。

とういう事で早速ウィキりました。


海の日は、1995年平成7年)に制定され、1996年(平成8年)から施行された日本国民の祝日の一つである。制定当初は7月20日だった。2003年(平成15年)の祝日法改正(ハッピーマンデー制度)により、7月の第3月曜日となった。
国民の祝日に関する法律(祝日法、昭和23年7月20日法律第178号)第2条では、「の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」ことを趣旨としている。国土交通省の文書の記述などによると「世界の国々の中で『海の日』を国民の祝日としている国は唯一日本だけ」という[1]


つまりこの祝日を境に賞味1ヶ月ないぐらいの少ない海水浴シーズンのスタートと勝手に解釈をしています。

夏らしい事の代名詞このビーチシーズン、女子はカワイイ水着に脱毛と気を使うのに対し男子はせめて体だけでも引き締めておくのがマナー。

この夏ををしっかり堪能する為にも後1週間弱でしっかりお腹を引き締め今年は女の子の前でお腹を出したい願望を叶える夏にしたいと思っています。


という事で皆様、準備はお済みでしょうか?そう、ビーチパンツです。












                   430 MF DENIM SWIM SHORT
                                                                                                    price   17,820yen



毎年好評の430からのスイムショーツはポリエステルを使用し何年も使用した様なデニムの色落ちをプリントで再現した技ありの1本。もちろんビーチ以外の日常生活でも活用でき、ワッペンデザインやベルトを紐で調節できるためスイムパンツのジレンマ、ズル落ちも防げます。




是非こちらもお供にどうぞ




BANDIERA

3-8-25 102 Fnai-machi,oita-city,oita 8700-0021

0 件のコメント:

コメントを投稿